1. PV業務に必要な機能をオールインワンで提供
  • 症例の接受から当局報告までPV業務に求められる必要十分な機能を備えています。
  • PVネクストのクラウド環境は、日本ヒューレット・パッカード社のClinicalWorks/ADR Cloudによって構築されています。
2. 「いつでも、どこでも」PV業務を実現
  • インターネットに接続するPCがあれば、どこでも安全性情報管理システムを利用できます。出張先、自宅、海外支社、関係会社などからも利用可能で、隙間時間や時差を有効に活用できます。

  • すべてのデータベース項目に対して英語での入力・登録が可能。さらに英語画面もサポートしており、海外拠点からも直接入力できます。

3. 運用管理が容易で、ITエキスパートも不要
  • サーバの死活管理、安全性情報管理データベースのバックアップ、セキュリティパッチの適応作業などが不要になります。(データセンタ側で実施)
  • マスタメンテナンス、業務帳票追加作業、汎用検索定義の代行など、従来までお客様が行っていた作業もPVネクストに委託できます。
4. システムの災害対応、セキュリティ対策も安心
  • 地震などの災害対応や情報漏洩対策を自社で行うためには、大規模な体制とコストが必要です。PVネクストの安全性情報管理システムを活用すれば、このような投資も不要となります。
5. システム運用のランニングコストを低減
  • クラウドの活用により、自社でサーバやパッケージソフトを購入する場合と比較し、システムの維持コストの低減が可能です。